最上稲荷(さいじょういなり)は、岡山で一番有名な初詣スポット
つい、『もがみいなり』と読んでしまいたくなります。
この最上稲荷(さいじょういなり)は、伏見稲荷(京都府)・豊川稲荷(愛知県)に並ぶ「日本三大稲荷」の一つで、正式名称は、最上稲荷山 妙教寺(さいじょういなりさん みょうきょうじ)といいます。

また、所在地が岡山市高松地区であることから高松稲荷(たかまついなり)と呼ばれることもあります。

ここでは、最上稲荷の2019年の初詣について、交通状態予測や交通規制、また駐車場についてまとめています。

Sponsored Links

最上稲荷について

引用:https://ja.wikipedia.org/

最上稲荷は、約1250年前に報恩大師によって開かれ、その後堂宇は豊臣秀吉による備中高松城水攻めの際に一旦焼失しています。

ご本尊・最上さまは本殿の裏山にある巨大な八畳岩の下の元宮に安置され、難を免れた為に、八畳岩は今も聖地として崇められています。

幾度も、天皇のご病気を治してきた寺社としても有名です。

そして最上稲荷となっていますが、実は、神社ではなくお寺なんです。

境内には、岡山市重要文化財に指定された旧本殿(霊応殿)もあります。

エキゾチックなインドの殿堂様式の仁王門がお出迎えし、吉備盆地の眺望もとても素晴らしいのです。

参詣客が多く、参道沿いにはみやげ物屋がずらりと並びますから、お土産を選ぶのも楽しみの1つです。

引用:http://papamama777.biz/?p=7706

最上稲荷の初詣について

最上稲荷の初詣は、例年の人出も約60万人と大変賑やかです。

最上稲荷の初詣では、毎年恒例の「新春開運大祈願祭」が行われます。

  • 2019年1月1日~15日: 新春開運大祈願祭
  • 2019年1月1日~14日 9:00~15:00(最終日は~12:00): 寒松庭特別拝観
    *(お屠蘇と記念品の授与の特典あり、拝観料500円)

最上稲荷の初詣では、毎年恒例の「新春開運大祈願祭」が行われます。この祈願祭、特に初詣の際には、窓口が大変混み合うため、受付だけでも時間がかかってしまします。

そこで、ホームページからの事前予約制になっています。

「初詣」お札・ご祈祷の事前予約の方法

事前予約は、受け入れの関係で申し込み締切日が設定されています。

ただ、締め切り前でも参拝日や時間帯が定数に達した場合は、受付が終了してしまいますし、三が日の混雑は相当のものですから少し日にちをずらしての予約のほうがスムーズかもしれません。

予約が完了した時点で、申込書やお札が準備されるので、参拝当日は専用窓口に行けば、スムーズに受付が行えます。

  • 正月3が日のご参拝 → 12月25日(日)までの申込
  • 1月4日以降 → ご参拝日の1週間前までの申込

⇒ 最上稲荷の初詣祈祷の申し込みサイト

*パソコン、スマートフォンにも対応しています。

最上稲荷について

ご利益:家内安全、厄災消除、合格祈願、縁切・縁結びなど

*「最上さま」は歴史的な縁起でも分かる通り、天皇の病気平癒も叶えてくださっています。

その方に合わせた家内安全や合格成就などの願いは、この最上稲荷が得意とするところです。

ご利益の中でも特に有名なのは縁切り縁結び。

男女の縁はもちろん、仕事や人間関係などご縁を切ったり結んだりと真逆な感じもしますけど、良縁を引き寄せるためにはまず悪縁を切る、というスタンスなので縁切りと縁結びが同時セットになっているようです。

  • 問い合わせ:086-287-3700(最上稲荷)
  • ホームページ:http://www.inari.ne.jp/
  • 住所:岡山県岡山市北区高松稲荷712

最上稲荷の行き方アクセス

電車で

・JR岡山駅から中鉄バス稲荷山行きで36分(終点下車)、徒歩10分(三が日は臨時運行あり)

お車で

・岡山自動車道岡山総社ICから国道180号を経由、県道241号を高松稲荷方面へ車で6km。

駐車場について

境内には身体障がい者駐車場(5台)あり。

その他は、最上稲荷の周辺にある5,000台の民間駐車場をご利用することになります。

普段は駐車場ではない場所も駐車場として解放されているので、渋滞していてもなんとか停めることは出来るようです。

駐車料金

  • 3が日や1月中の人出の多い土日:1000円
  • 平日でも800円ほどが相場となっています。

ちょっと離れた場所では500円。

最上稲荷に近づくと1,000円。

引用:http://papamama777.biz/?p=7706

最上稲荷に近づくと1,000円。

引用:http://papamama777.biz/?p=7706

最上稲荷の駐車場が満車で入れない、ってことはないのですが、駐車場までの道が交通規制の関係もあって渋滞します。

最近は、事前に予約できる駐車場なんかもあり、当日でも空いていればスマホから簡単に予約ができるので、岡山駅周辺に車を停めて、臨時列車を利用したほうがいいかもしれません。

  • 駐車場の事前予約をする ⇒ akippa

交通規制について

大晦日の12月31日から交通規制がなされます。

日にちによって時間は規制区域も変わってきます。

  • 12月31日:21:00~1月1日19:00まで。
  • 1月2日・3日:7:00~19:00まで

⇒ 大きな地図でみる

 

渋滞予測は?

最上稲荷の初詣期間の渋滞は、例年全国でも1、2を争うレベルだそうです。

大渋滞で車が動かずに諦めてUターンする方もいらっしゃるほどだそうで、駐車場が5,000台分も準備されているというのに、です。

渋滞を避けるのであれば、深夜か早朝当たりがおすすめです。

また、神社の混雑時間が挙げてありましたので、それも参考にすると、早朝あたりがおすすめのようです。
毎年この最上稲荷へ行くという方の口コミをピックアップしました。

●初詣には必ずここにいってました。
大晦日に行っていたのですがただ一本道のためとても混むので、大晦日の夕方にはつくようにいってました。
早めにつくので、屋台で腹ごしらえをしたり、車内でくつろいだりと待ち時間も苦ではなかったです。
引用:http://www.jalan.net/kankou/spt_33201ag2130014619/kuchikomi/

●R180沿いゎカナリの渋滞になる。 何号線か不明ぢゃケド裏の山カラ来ればカナリ早いと思われ。 R180途中に稲荷迂回路と看板がでてるんでそれに従ッてればスグ着くょ。
引用:
https://sp.jorudan.co.jp/newyear/spot_0157.html

神社の混雑時間

  • 1月1日:0~2時、10~15時
  • 1月2日・1月3日:10~15時

三が日すぎても、まだまだかなりの人出で賑わっている様子がわかります。


Sponsored Links

最上稲荷初詣の口コミ感想

●年始のお詣りに行きましたが、ものすごい人だかりで驚きました。車でくる参拝客が多く、臨時駐車場も満車状態でした。

●岡山でも大きな神社です。毎年正月に行きます。初詣の時期が若干過ぎたころに行くと人がまばらで良かったです。

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33201ag2130014619/kuchikomi/

最上稲荷の初詣の口コミは「人が多い」に尽きるようです。

ただ、こんなに可愛いお守りも!

自分用だけじゃなく、お土産にもぴったりです!

まとめと感想

ここでは、最上稲荷の2019年の初詣について、交通状態予測や交通規制、また駐車場についてまとめています。

最上稲荷は、岡山県最大の初詣スポットで、人気も混雑も岡山県一と言われています。

小さな子供さんと一緒の場合は、日にちを少しずらしたほうが良さそうですね。

ツアー利用で初詣に行く

2019年の初詣は、平成最後というだけあって、色んな旅行会社から趣向を凝らしたツアーが企画されています。

ギリギリまで申込可能な日帰りツアーなんかもあり、普段行けないような観光案内もセットになっていて、見ているだけでも御利益ありそうなものがたくさんありました。

⇒ クラブツーリズム テーマ旅行

初詣に関する関連記事もどうぞ。


 

人気ブログランキングにも参加しています。よろしければ応援よろしくお願いします!


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ