野田あすか(のだめモデル)発達障害ピアニストのブログや本やコンサート情報

Sponsored Links

のだめカンタービレのモデルになった障害者ピアニスト野田あすかさんが12月2日の「金スマ」にご出演なさいます。
のだめカンタービレとは、クラシック音楽をテーマにしたストーリーで、フジテレビ系・月9として2006年10月~12月、特別編を2008年1月に、その後2009年、10年と、続編は映画化までされた大人気コミック原作ドラマで「のだめ」は主人公「のだめぐみ」さんのニックネームです。
コミック⇒のだめカンタービレ全25巻 完結セット (講談社コミックスキス)
とても明るい野田あすかさんですが、22歳になるまで障害のあることがわからなかったためにいじめ、転校、退学、そして自殺未遂と、とてもつらい時期を過ごしてこられています。
野田あすか

出典:http://www.city.ritto.shiga.jp/event/1477378891816.html


10月19日に東京・王子ホールで行われた公演では、1部でショパンの「幻想即興曲」などクラシック5曲を、2部では自作した5曲を演奏。
そして、アンコールでは「今の心境」を即興で曲にし、多くの観客を魅了したばかりです。
ここではそんな野田あすかさんのコンサート情報を始め、プロフィールなどについてまとめています。
Sponsored Links

公演会・リサイタル情報

2016年12月5日月曜日(入場無料):福岡県大牟田市

・会場:福岡県大牟田市「大牟田文化会館 小ホール」
・日時:12月5日(月) 開場18時 開演18時30分
・内容:「第31回人権フェスティバル」にて、母・恭子の講演会および野田あすか演奏会
*詳細は⇒こちら

2016年12月09日金曜日(入場無料):滋賀県栗東市

・会場:滋賀県栗東市「栗東芸術文化会館さきら 中ホール」
・日時:12月9日(金) 19:30~21:00(開場19:00)
・内容:発達障がいのピアニスト野田あすかさんピアノリサイタルと母恭子さんの講演会
*詳細は⇒こちら

2017年3月18日(土曜日):東京都浜離宮朝日ホール

・会場:東京都築地「浜離宮朝日ホール」
・日時:3月19日 13:30~(会場13:00)
・金額 全席指定(税込)¥3,500
*詳細は⇒こちら
■チケット発売日
2016年12月2日(金)10:00~

野田あすかさんプロフィールと経歴

プロフィール

・生年月日:1982年
・出身:広島県生まれ
*プライベートブログ:http://ameblo.jp/piano-fein27/
*公式サイト:http://www.nodaasuka.com/

出版書籍

CDブック 発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの?

新品価格
¥1,836から
(2016/12/2 06:13時点)

経歴

ピアノは4歳からピアノを習い始め、お母さんの指導は厳しかったようです。
和音を聞かせて「何の音?」と尋ね、間違うと、「そうじゃない!」と叱られ、泣きながら鍵盤に向かっていたと。
お父さんの転勤に伴い、宮崎市に転居。
小学校では、先生に校庭の草むしりを頼まれれば、一心に抜き続け、チャイムが鳴ってもやめずに怒られ、言われたことをやっているのに怒られる理由がわからなかった。
「右向け右」と言われると、左を向いてしまったり、みんなと同じことができないけれど、両親は「ユニークな言動は娘の個性」と思い続けていたそうです。
あすかさんは小学生時代に、すでにピアニストになることを夢見ていたのですが、中2の頃、自傷が始まります。
そして、高1でいじめに遭い不登校に。
転校して元気を取り戻し、2000年に国立の宮崎大学に現役で合格するのですが、入学して間もなく人間関係のストレスからパニック症状に見舞われ、過呼吸の発作を起こして倒れるようになりました。
あまりにも頻繁に倒れるために、精神科を受診すると、そこで診断されたのが解離性障害だったそうです。

解離性障害は、自分が自分であるという感覚が失われている状態といえるでしょう。 たとえば、ある出来事の記憶がすっぽり抜け落ちていたり、まるでカプセルの中にいるような感覚がして現実感がない、いつの間にか自分の知らない場所にいるなど、様々な症状があります。
出典:www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_dissociation.html

医師は「ピアノが原因かもしれない」と判断し、半年間、弾くことを許可しませんでした。
入院中には洗剤を飲んだり手首を切ったりし、自殺未遂を繰り返し、
野田あすかさんは当時のことを以下のように語っていらっしゃいます。

「先生がどうして私からピアノを取り上げるのかわからず、気持ちを抑えられなくて、暴れるしかなかった」

と。
退院してからが野田あすかさんにとっても、ご両親にとっても地獄のような毎日でした。
夜中に近所を徘徊したり、泣きわめいて2階から飛び降りようとしたりするあすかさんとお父さんは、お互いの腕を紐でしばって寝る夜もあったそうで、お母さんは、娘を抱きしめてなだめたそうです。
泣き叫ぶ声を聞いた近所の人から虐待を疑われ、警察に踏み込まれたこともあったとか。
大学は2年で退学。
それから1年以上経って、あすかさんが「ピアノを弾きたい」と言いだし、地元宮崎女子短期大学音楽科(当時)に長期履修生として受け入れられるのですが、ここで人生を変えてくれる恩師、田中幸子先生に出会いました。

転機は先生との出会いから

「田中先生は、私のテクニックがなかったり手がちっちゃかったり、右足のこと(後述)もそれが悪いとは絶対言わない先生で、『それならそれで』と全部受け入れてくれたそうです。
それまでは、諦めたり、自分を否定したりすることしか考えられなかったあすかさんにとって、「救いの光のような、すごくびっくりする考え方だった」そうです。
そして

「あなたは、あなたの音のままでとてもすてきよ」

という、田中先生からの言葉で、「私は、私のままでいい」と気づき、ピアノの音色が変わっり自分の音が好きになったそうです。
先生との出会いが症状を安定させ、ピアノへの情熱をさらに駆り立てました。
22歳だった2004年に、ウィーン国立大学での5日間の短期留学ツアーに参加します。
ところが、現地で過呼吸発作を起こし、入院先での診断は「広汎性発達障害」(現在の用語では「自閉症スペクトラム障害」)。
帰国後に、改めてその障害が確定され、医師から「発達障害は生まれながらの脳の機能障害です」と告げられ、ご両親は途方に暮れ、母親は「私のどこがいけなくて、障害のある子どもを産んだのか」と自分を責め続け、あすかさんのお見舞いにも行けなくなったそうです。

広汎性発達障害とは、社会性やコミュニケーション能力などの発達遅滞を特徴とするアスペルガー症候群や自閉症などを含む発達障害の総称で、人の気持ちを理解するのが難しく、他者との意思疎通がうまくできない。
・言葉が覚えられない
・興味の幅が狭く特定のものにこだわる
などの特性があります。

「発達障害」は、あすかさんが幼少期だった90年代はあまり知られていませんでした。
あすかさんの場合は、広汎性発達障害が放置されていたため、解離性障害を引き起こしたとみられ、05年春には、解離性障害の影響で、2階の窓から飛び降りて右足を粉砕骨折して、今も不自由なままです。
ただ、あすかさんは診断を前向きにとらえ、医師の「あなたの努力が足りないのではなく、そういう障害が生まれつきあったからだ」との言葉に納得できたそうです。
発達障害の人の特徴に、自分の興味があることは、普通の人よりもっと上手にやっていくことができることを知って、ますますピアノに打ち込めるようになりました。
2006年、第12回宮日音楽コンクールに出場。
このコンクールでは、学生時代によく練習していたプーランクの「3つの小品」を選びびました。
お母さんによると、まだ、松葉杖をついている状態でものすごく不安で『弾いたら帰ればいいね』という程度だったようです。
ところが、以前の音色とはまったく違っていて、聴いているうちに心が震えてきたと。
そして結果は堂々のグランプリ!
これには、あすかさん自身が大変驚いたそうで、この時のことを以下のように語っていらっしゃいます。

「小さい頃は、コンクールに入賞するために、その曲に合った音色どおりに弾かなければと、自分を抑えて弾いていました。まねごとのピアノはつらかったです。でも、田中先生に教えてもらうようになってからは、良くても悪くても自分の『心の音』を出せるようになって、ありのままの自分でいいと思うようになりました」

グランプリに輝いた音色は、解き放たれた彼女の心が聴く人の心に共鳴するもので、心の痛みがやさしく修復されていくようだそうです。
2009年、カナダで開催された第2回国際障害者ピアノフェスティバルでは、銀メダルのほか、オリジナル作品賞と芸術賞のトリプル受賞をはたしました。
あすかさんが編曲したオリジナル曲のカナダ民謡は「舞台の神様が演奏者に乗り移った感じがする」と絶賛されました。
このことがきっかけで注目度が高まったあすかさんは、イベントなどに呼ばれるようになります。
テレビ宮崎では、あすかさんのドキュメンタリー番組を制作。
また、日本テレビ系「24時間テレビ」にも2年連続でご出演なさっています。
29歳でソロ公演にも挑戦し、宮崎市の清武文化会館半九ホールは500人を超す人々で埋まり、大成功を収めました。
「発達障害に早く気がついてあげれば、解離性障害を防ぐことができたかもしれない」と後悔に苛まれてきたご両親があすかさんに謝ったときのこと。
あすかさんはご両親にこう言ったそうです。

「悲しい気持ちや不安な気持ちと一緒にいるから、やさしい音ができ、曲も書ける。謝らないで」

と。
こうやって迎えた10月の講演会は、もちろん大成功で、終演後のロビーには長い列が続いていました。
ちっちゃい手でしっかりペンを握り、一心にサインを書き続ける彼女の姿はどれほど輝いていたんでしょうね。
野田あすかさんの27才の頃。
カナダで開催された第2回国際障害者ピアノフェスティバルで演奏された「ふしぎな森の1日」のエピソードもた語られています。

まとめと感想

野田あすかさんの演奏はとってもパワフルなのですが、お人柄はとてもチャーミングです。
幼い頃の純粋な気持ちのままストップしているような、ステキな女性です。
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント

  1. 田中 より:

    退院してからが野田あすかさんにとても、ご両親にとても地獄のような毎日でした。
    まだ誤字脱字があり不快です。
    世の中へ発信するのでそれなりに責任をもってもらいたいです。

    • officeliberty より:

      田中さん
      四日市から何度もご訪問頂きありがとうございます。
      目がよく見えないので、チェック体制が甘くなってしまいます。ご指摘いただいて助かります。