小山宙哉が情熱大陸に!結婚生活や学歴や本名について調べてみた

Sponsored Links

漫画家の小山宙哉(こやまちゅうや)さんが11月27日の情熱大陸にご出演なさいます。
小山宙哉(こやまちゅうや)さんの描く『宇宙兄弟』という漫画は、2007年の連載開始以来絶大な人気を誇っていて、漫画についてご存じない方も、今月2日に種子島から打ち上げられた「気象衛星ひまわり9号」を載せた国産ロケットH−IIAの機体に「宇宙兄弟」のイラストがアートとして貼り付けられたことで小山宙哉(こやまちゅうや)さんのお名前や『宇宙兄弟』という言葉を耳にした方もいらっしゃるのかもしれませんね。
 小山宙哉

出典:http://natalie.mu/comic/news/210536


このロケットに貼り付けられたイラストは、全国から集めた子供達の絵や写真でアートとして貼り付けられたもので、世界でも初の試みとして大変注目されました。
ちょっと小さくて見えにくいのですが、その画像がこちらです。
 H2A31号宇宙兄弟モザイク

出典:http://www.asahi.com/articles/photo/AS20161102000357.html


そしてこちらは、H2Aの打ち上げを待つ間に、男の子のサインの求めに応じる小山宙哉さんです。
小山宙哉種子島

出典:http://www.asahi.com/articles/photo/AS20161102000357.html


人気漫画家としての小山宙哉さんは、毎週の連載締め切りに追われて多忙を極めながらも、本業以外にも果敢に挑戦し続けていらっしゃいます。
そんな過密スケジュールの中にあっても、お昼、おやつ、夕食と休憩は欠かさないそうです。
また、休日や家族との時間をとても大事にされています。
そんな小山宙哉(こやまちゅうや)さんについて、ご結婚されている奥さまや子供さんとの日常など、プライベートなことが気になって調べてみました。
Sponsored Links

小山宙哉(こやまちゅうや)本名やプロフィールは?

・本名:小山宙哉(こやまちゅうや)
・生誕:1978年9月30日(38歳)
・出身地:京都府
・職業:漫画家
・活動期間: 2005年 –
・代表作:宇宙兄弟
小山宙哉(こやまちゅうや)さんというお名前は本名で、名前に「宙」の文字が入っていますが、南画のタイトル『宇宙兄弟』との関連性はないそうです。

宇宙兄弟 コミック 1-28巻セット (モーニング KC)

新品価格
¥16,953から
(2016/11/27 19:58時点)

学歴と経歴

・京都市立西陵中学校卒業
・京都市立銅駝美術工芸高等学校卒業( どうだびじゅつこうげいこうとうがっこう)
・大阪市立デザイン教育研究所卒業
*この研究所の卒業生には、彫刻家で文化勲章受章者の淀井敏夫さんやグラフィックデザイナーの早川良雄さんもいらっしゃいます。
*デザイン会社のサラリーマンを経て、『モーニング』に持ち込みをした『ジジジイ』で第14回MANGA OPEN審査委員賞(わたせせいぞう賞)受賞。
*『劇団JET’S』で第15回MANGA OPEN大賞受賞。
*その後、こしのりょうの下でアシスタントをしながら『ハルジャン』の連載準備をし、モーニング2006年3・4合併号から『ハルジャン』を連載。
*続いて『ジジジイ-GGG-』を連載。
*2007年12月からモーニングで連載している『宇宙兄弟』は初の週刊連載作品。
宇宙兄弟での受賞歴は以下の通りです。
*2010年(平成22年)の第56回小学館漫画賞一般向け部門
*2011年(平成23年)の第35回講談社漫画賞一般部門
*2014年(平成26年)の手塚治虫文化賞読者賞を受賞。
小山宙哉さんの子供の頃の夢は、サッカー選手か画家で、小学生では野球、中学生ではサッカーをやっていたそうです。
画家になる夢を追いかけて、美術系の高校に進学したのですが、この高校はグラウンドが狭くサッカー部がなかったのでサッカー同好会を作って、サッカーにも打ち込んでいたようです。
漫画家には「なりたい」ではなく「なれたらいいなぁ」とぼんやりしたものだったようですが、『ジジジイ』が受賞したのをきっかけに、一気に漫画家を目指す決心をなさったようです。
影響を受けた漫画家に、ドラコンボールの鳥山明さん、スラムダンク、バカボンドの井上雄彦さん、花男の松本大洋さん、柔道部物語の小林まことさんらの名前をあげていらっしゃいます。
また、直接漫画とは関係ありませんが、「ザ・クロマニヨンズ」や「UNICORN」が好きなミュージシャンとのことなので、彼らの生き方も、漫画家を目指す上でなにかしらの影響を受けていらっしゃるのかもしれません。

結婚生活やご家族との関係は?

小山宙哉さんはご結婚されていて、家族構成は、奥さまと2人のお嬢さんとの4人家族。
奥さまは「こやまこいこ」さんと仰るイラストレーター+こどもの工作作家さんです。
主に児童書・保育雑誌等のイラストを描いていらっしゃるのですが、そのイラストがとっても暖かいのです。
「こやまこいこ」さんは、小山宙哉さんと同じ、京都府出身で、1978年うまれ。
京都芸術短期大学染織テキスタイル科を卒業なさっています。
絵本の表紙や挿絵が書かれた書籍も多数出版されていて、こちらの「くつしたのはら」という絵本は、靴下の上に靴下を履いて園のみんなでお散歩するというストーリーで、読み物としても楽しそうなのでピックアップしてみました。

くつしたのはら (5領域絵本シリーズ)

新品価格
¥1,543から
(2016/11/27 19:28時点)


小山宙哉さんとの日常が、奥さまの「こやまこいこ」さんのツイッターやブログに、かわいいイラストで描かれています。


お二人のお嬢さんについては、「こやまこいこ」さんのブログによると、
2013年にお二人のお嬢さんのおねえちゃんが2年生になったと書かれているので、2016年の現在は5年生ですね。下のお嬢さんは4つくらい離れていそうな感じです。
⇒ こやまこいこさんのオフィシャルサイトより
ラインブログにも日常の一コマがありました。

仕事場での小山宙哉さんは?

小山宙哉(こやまちゅうや)さんの仕事場は、

「仕事場は驚くほど私語と笑いが絶えない“まったり”空間」

なのだそうで、どんなに締切りに追われていてもお昼、おやつ、夕食と休憩は欠かさず、休憩中はみんなでオセロやけん玉に全力を注ぐそうです。
そして、ある日のおやつ。
こんな風に、おやつもアミダで決める茶目っ気です。

ある日のおやつ

出典:http://www.imgrum.net/user/chuya_koyama/

まとめと感想

今回、情熱大陸で放送される内容は、小山宙哉さんの5年間にわたる取材の集大成で、小山宙哉が人気漫画家であり続けられるのか?その創作の秘密に迫るようです。
子供の頃にはよく読んでいた漫画も、大人になるとすっかり読まなくなりました。
年齢とともに思考がカチカチになって、想像力も乏しくなってきていると最近痛感していたばかりです。
こういった漫画なんかで想像力を膨らませて頭を柔軟にしておくことは凄く大切な気がします。
それにしても、アミダでおやつを決める余裕の遊びごころと茶目っ気が、人気の秘密の1つでもあるんでしょうね。
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント