三原舞依2016スケートアメリカ動画とプロフィールや経歴まとめ

Sponsored Links

今回初出場ながら総合3位の三原舞依(17=神戸ポートアイランドクラブ)選手がフィギアスケートGPシリーズ2016で注目をあつめています。
GPシリーズデビュー戦では、堂々3位で表彰台に上がりましたが、中盤以降にスタミナ切れし、ジャンプのミスを連発し、演技後には「練習したことが本番で出せず悔しい」と涙を流すシーンもありました。
三原舞依選手は、力みのない軽やかなジャンプと、心の強さが武器です。
初日のショートプログラム後には、米国のベテランで今大会覇者のワグナーから

「本当にこれがデビューなの?すごいわね」

と話しかけられるほど堂々とした演技でした。

Sponsored Links

三原舞依プロフィール

・生年月日:1999年08月22日
・出身地:兵庫県
・身長:154cm
・血液型:A型
・所属:神戸ポーアイFSC
・趣味:スケート鑑賞 音楽鑑賞

主な成績

’15年 ジュニアGPファイナル 6位
’15年 ジュニアGPオーストリア大会 2位
’15年 ジュニアGPスロバキア大会 2位
’14年 全日本選手権 9位
’13年 全日本ジュニア選手権 2位

三原舞依選手の病気(難病)とは?

三原舞依選手について調べようとすると、病気とか難病とかのキーワードも一緒に出てきます。
調べてみると、三原選手は若年性突発性関節炎という名前の病気です。
1万人に1人が羅患する病気だそうで、全身の関節が痛んでしまう若年性リウマチのようなもののようです。
この若年性特発性関節痛は大きく分けると、二つのタイプに分けられます。
全身型の場合は、、慢性的な関節の炎症に加えて、高熱や微熱を繰り返すなどの症状、リンパの腫れや喉の痛み、肝臓や脾臓が肥大してしまうという症状が起こり、特に10歳以下の子供がかかりやすいようです。
関節型の場合は、慢性的な関節痛が症状となります。
5箇所以上の関節が痛む場合は「多関節型」、4箇所以下の関節痛の場合は「少関節型」と分類され、10歳以上の特に女児に多いとされるタイプです。
三原舞依さんの場合は、両膝の関節が痛むということで「関節型」の「多関節型」に分類されるようです。
この病気の治療法は、現在は薬物治療のみで、関節型の場合は、非ステロイドの抗生物質の投薬や様々な薬物治療によって治療するようで、三原舞依さんの場合も月に1度ほど適切な治療を行っているそうです。
三原舞依選手の2016-2017プログラム
SPが「シンデレラ」
FSが「カプリース」

*「カプリース」とは、フランス語で直訳すると「気ままに」ですが、中世の貴婦人を
イメージしているそうで、扇子を顔の前で仰ぎ、「私は独身よ、彼氏がいないの。」と、
フリーをアピールしている様子だか。かわいいですね。
SPが「シンデレラ」


FS「カプリース」

関連記事もどうぞ
 リバティ
リバティ
http://officeliberty.main.jp/archives/9836


人気ブログランキングにも加入しています。応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links
Sponsored Links

コメント