太陽の塔(万博記念公園)の内覧会の日にちや応募方法は?

Sponsored Links

「太陽の塔」は、46年前の1970年アジア初の万国博覧会、日本万国博覧会(大阪万博)開催の際にテーマ館の一部として建てられて以来、大阪のシンボルとして親しまれています。
ところが、残念ながら博覧会閉会後は、オブジェ「生命の樹」がある内部は一階から最上階までは公開されていませんでした。
今後は、一般公開に向け耐震工事を行い、あわせて「生命の樹」「地底の太陽」などを当時の姿に再生を行い、平成30年3月に塔内部の全体を一般公開する予定となっています。
これに伴い、46年前の姿をそのまま内覧できる最後のチャンスとして、日にち限定、抽選での受付になりますが、
現在、内覧会の応募期間中です!
出典:http://rapt-neo.com/?p=24366

出典:http://rapt-neo.com/?p=24366


太陽の塔はもちろん知っていたのですが、「地底の太陽」は名前だけ聞いたことがあるかな?という認識でした。
「地底の太陽」はこんなモニュメントです。
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/


思いのほか、応募が殺到しているようで倍率も今後はかなりあがってくるとは思うのですが、ここではその内覧の日にちと応募方法についてまとめました。
Sponsored Links

「太陽の塔」内覧日時

写真は、2003年10月11日に「生命の樹」の内覧が行われたときのものです。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/


 
日にち:平成28年10月29日(土曜日)
・時間:12時30分から17時(この時間内で15分間の観覧を18回実施)
*内部の見学は15分のみです。(見学時間の希望はできません)
*当選後参加時間の変更等には対応できません。
*内部に入れるのは、当選された方(参加2名で応募された方は同伴者含む)のみ。
それ以外の方は参加できません。
・参加費:無料

アクセス

・場所:日本万国博覧会記念公園
・住所:大阪府吹田市千里万博公園3−1
(大阪モノレール「万博記念公園」徒歩約5分)

 

申し込み方法

申込締切:平成28年9月30日(金曜日) 当日消印有効
必要事項をご記入の上、はがきにてお申し込みください。
1.代表者の氏名(フリガナ)
2.代表者の年齢
3.代表者の郵便番号
4.代表者の住所
5.代表者の電話番号
6.参加希望者数(はがき1枚で2名まで申し込み可能。4歳以上のお子様は1名としてお申し込みください。)
7.手話、車椅子の利用等が必要な場合はその内容
*1枚のはがきで2名まで応募可能です。(3名以上記載された場合はすべて無効。
*大人1名につき4歳未満のお子様1名は一緒にご参加いただけます。
*ただし、4歳以上のお子様は、1名としてお申し込みください。
*中学生以下の方は必ず保護者の方と一緒にお申し込みください。
*中学生以下の方だけのお申し込みはご遠慮ください。
*応募内容の記載に不備(必要事項の記載がない、はがき以外の申込等)があった場合、すべて無効といたします。
*重複申し込みをされた場合、重複分はすべて無効といたします。

申込先

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1 太陽の塔内覧会係
【注意事項】
(1)手話、車椅子の利用等が必要な場合はご応募の際にお申し出ください。
なお、車椅子利用の場合は、見学コースが一部変更になる可能性があります。
(2)多数のご応募が見込まれますので、重複申込みはご遠慮ください。
(3)当選の発表は内覧会の招待状の送付をもって代えさせていただきます。
*落選者の方への連絡は致しませんので、ご了承下さい。
*当選者の方へは
10月12日(水曜日)ごろに招待状を発送予定

お問合せ窓口

・電話番号:06-6910-8001
・FAX番号:06-6910-8005
・住所 〒540-8570 大阪府大阪市中央区大手前2丁目

まとめと感想

どうして今まで、一般公開されなかったのか不思議です。
確かに46年がたってしまった現在では、耐震面での不安があるのでしょうが、万博終わった直後の内覧ができなかったのはなぜでしょうね。
予断ですが、「太陽の塔」とか「地底の太陽」とか「生命の木」って物凄くスピリチュアルなんですよね。
「生命の樹」とは「カバラ」という名の悪魔崇拝のシンボルともいわれているマークで、タロットや数密で使っていく概念です。
悪魔崇拝のシンボルとは実は名ばかりで、一般人が人類の智慧に触れないようにそういう言い方をしているだけの人類の智慧=真実が詰まった秘密のシンボルです。
ちっとも恐れる必要はなく、多くの人にこの真実が見つかってしまうとある特定の人達だけが受け取れる恩恵が受け取れないとして、普段の私たちには伏せられている(盲目にさせられている)シンボルです。
そういった意味では多分、太陽の塔の内部は、とても神聖な場所のはずですね。
 
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
ノキシジル


Sponsored Links

Sponsored Links

コメント