村上市てまひま工房・山専(やません)のメープルシロップが人生の楽園に

Sponsored Links

新潟県村上市で、メープルシロップを作るてまひま工房・山専(やません)を営む河面専一(こうもせんいち)さんと奥様の美智子さんが、4月2日の人生の楽園の主人公。
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/
「てまひま工房・山専(やません)」が作られているメイプルシロップの購入方法のほかに、採取されている板屋楓(イタヤカエデ)についても調べてみました。
Sponsored Links

メイプルシロップを作るきっかけ

河面専一(こうもせんいち)さんが初めてイタヤカエデの樹液を飲んだのは、6年ほど前。
村上市の山間、大毎(おおごと)集落で生まれ育った専一さんは長年地元の消防署に勤務していらっしゃいました。
山好きの友人の勧めで、地元に自生するイタヤカエデの樹液をはじめて飲ませてもらったときに、そしてその甘さに驚き、更に煮詰めるとメープルシロップになることを知ったことがきっかけです。
面白いと感じた専一さんは、設備も何も整っていない中、試行錯誤の末、サンプルを作ってみるのですが、味見をしてもらうと『青臭い、えぐみがある』と、厳しい意見をもらいながらの、失敗の連続だったようです。
ようやく満足のいくメープルシロップが作れるようになったのは、それから1年後。
その後、消防署を早期退職し、2012年10月に「てまひま工房・山専(やません)」を構え、本格的にメープルシロップの製造販売を始めました。
河面専一(こうもせんいち)さんが作られるメイプルシロップの原料となる板屋楓(イタヤカエデ)は、たくさんの亜種、変種があり、それぞれに和名とその別名があります。
ここで言う板屋楓イタヤカエデは、それらの総称名になっています。

板屋楓イタヤカエデとは

雨宿りができるくらいに、葉がよく繁り、板でふいた屋根のようなのでついた名まえだそうで、
もともとのイタヤカエデ(生物につけられた固体を識別するための学名=Acer mono)が厳密にどれを指すのかの特定は難しいそうです。
科名も、カエデ科とかムクジロ科とかウラジロ科とか、亜種、変種によって様々なようで、それによって葉っぱの形や表情、それに生息地もそれぞれに異なっているようです。
共通しているのは、どれも花の色が黄色ということ。
イタヤカエデの葉

出典:小石原植物園のイタヤカエデ

出典:小石原植物園のイタヤカエデ


 
イタヤカエデの花

イタヤカエデの花


また、イタヤカエデは樹液を摂るだけでなく、建築、器具、バイオリン・ギターなどの弦楽器、ハーモニカ、車両、床柱などの装飾材としても使われているようです。
ちなみに、カナダ産のメープルシロップはシュガーメープル(サトウカエデ)という樹木からおおくが摂られていて、イタヤカエデとは種がことなっているようです。

樹木が樹液を作る仕組みとシロップが出来上がるまで

カエデの樹木は、夏の間に樹木の内部に蓄えたでんぷんを糖分に変えて、冬の厳しい寒さに耐えます。
そして雪解け水が流れる頃、その時期特有の昼と夜の温度条件によって、樹木は、夜間に土壌からミネラルたっぷりの水分を吸い上げ、昼間に糖分をわずかに含んだ樹液“メープルウォーター”を流し出すのだそうで、その流出はわずか10日から20日ほど。
この時期を迎える前に、メープルウォーターを採取するために、樹木の太さ、健康状態、成長などを考慮しながら、1カ所~4カ所の採取口を取り付け採取します。
採取される樹液は樹木の栄養分ですが、その後の成長に影響を及ぼさない程度に大切に採取するようです。
 

出典:樹木図鑑

出典:樹木図鑑


 
出典:樹木図鑑

出典:樹木図鑑


採った樹液は、煮詰めて製品にすると、わずか60分の1にしかならないそうです。
また、煮詰める時は、糖度計を見ながら均一になるように注意深く混ぜことや、瓶詰め作業後の滅菌処理では、過熱し過ぎると成分中のミネラルが再結晶してしまうので、温度管理にも繊細な作業が必要だったりと、製造過程は繊細なもののようです。
樹液は2月下旬から3月中旬に、良いものが採れるそうで、現在、河面さんは40本ほどのイタヤカエデから、500リットル以上採取するのだとか。
そして、毎年3月上旬ごろには、地元のイベントでスノーモービルに乗ってメープルの原液を採取し、シロップに加工する体験ツアーを企画なさっているそうで、これ、物凄く楽しそうです!

「てまひま工房・山専(やません)」のメープルシロップ購入方法

 
メープルシロップ&サップ
メープルシロップは、とても栄養価が高く、ミネラルを豊富に含んでいます。
イタヤカエデのメープルシロップも、市販されているカナダ産に全く引けを取りません。
ぜひ味比べをしてほしいとおっしゃる、てまひま工房・山専(やません)さんのメープルシロップは2種類。
・メープルシロップ(50cc)—1,550円、1,850円
・メープルサップ(お湯割などに使える)—300cc=460円、550cc=770円
現時点で、楽天市場などのインターネット販売は行われていなくて、直接の電話注文になっています。
てまひま工房 山専
・TEL:FAX=0254・75・2132
・携帯=090・4390・7997
*メープルサップで、リンゴやカボチャやサツマイモを煮たら、香り豊かな簡単スイーツが出来上がりそうだし、果汁たっぷりのゼリーなんかを作っても美味しそうです!
 
 
 
 
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links
ステキな人々
スポンサーリンク
phd45861をフォローする
ピックアップ関連コンテンツ
リバティ

コメント