大濠(おおほり)花火大会は、福岡市の中心部で行われる福岡県内でも最大級の花火大会。

博多山笠とならぶ、福岡の夏の大祭典で、とにかく人が多い!というのが福岡市民のイメージで、深夜遅くまで、附近のコンビニなんかも多くの人でごったがえします。

少し離れた穴場スポットからでも360度鑑賞ができますから、人ごみを避けて、遠くからの鑑賞を楽しむ方も多い花火大会でした。

ところが昨年2018年の花火大会をもって終了のお知らせが・・・

もう、本当に思い出がたくさんつまりすぎている花火大会なので、残念でたまりませんが、時代がどんどん流れて変わっていくんですよね。

なのでここでは、大濠の花火大会が2018年で終わってしまった理由と、過去の振り返りになります。

Sponsored Links

大濠花火大会が2018年で終了した理由

福岡の夏の風物詩として親しまれる弊社主催の「西日本大濠花火大会」は、今年も8月1日夜に行い、多くの市民の皆さまに夜空を飾る大輪の花をお楽しみいただくことができました。

誠にありがとうございました。

戦後まもなく福岡市中央区の福岡県営大濠公園を会場に始めた当大会は、数度の中断・休止を経て今回で56回を数えました。

半世紀を超す歴史を刻む間に、福岡市は飛躍的な発展を遂げ、大濠公園を取り巻く環境も激変しました。

観覧者の増加や急速な周辺開発に伴って、安全な大会運営は大きな曲がり角に来ています。

数年来、主催者として観覧者ならびに周辺の安全確保の議論を重ねてまいりましたが、「2019年以降は実施が難しい」と判断するに至りました。

楽しみにされる方が多数おられることは重々承知しておりますが、安全確保の観点から断腸の思いで、ここに大会の終了をお知らせいたします。

長年にわたり、大会運営にご協力・ご支援いただいた関係者、大会を愛してくださった皆さまに心より感謝を申し上げます。引用:西日本新聞

  • 開催日時: 2018年8月1日(水曜日)
  • 時間:20:00~21:30 ※雨天の時は翌日8月2日に順延
  • 住所・場所: 福岡県福岡市中央区大濠公園 大濠公園
  • 打ち上げ数: 6000発
  • 人出 :45万人
  • 料金 有料観覧席あり
  • *平和台陸上競技場/大人(大学生以上)1200円、小人(高中小生)600円
  • 駐車場: 臨時駐車場なし、既設駐車場閉鎖
  • トイレ: 臨時トイレ3か所、既設トイレ7か所

 有料観覧席について
花火大会で悩ましいのが人混み。
今年の花火大会は、観覧席(有料)でゆっくりと鑑賞しませんか?
観覧席は、平和台陸上競技場(大人1200円、小中校生600円)では、芝生に座ってゆっくりと花火が堪能できます。楽しいイベントのチケットなどが当たる「わくわく抽せん会」もありますよ!
入場券発売場所:ファミリーマート、イープラス
*イープラス(e+サイト)でお申込みしたチケットはファミリーマートで受け取れます。
有料観覧席に関する問い合わせ:092-711-5506

花火大会の場所

アクセス・行きかた

お車はNGです

※会場周辺の交通規制:あり(マイカーでの来場不可)
西日本大濠花火大会の最大の利点は、とても交通の便利なところで開催されるというところです。
ただ、それゆえに、当日は午後から市内は大渋滞に見舞われ、地下鉄はぎゅうぎゅうながらも通常運転されるので問題ないのですが、路線バスは、夕方以降徒歩より遅い、といっても過言ではないほど動きません・・・
かなり離れた場所でも駐車場は満杯どころか、入出庫するだけでもかなり時間がかかります。
*公共の交通機関をご利用ください。

どうしても車で行きたい!という方は、交通規制区間から少し離れたところに駐車することをオススメします。

福岡市営地下鉄利用

・姪浜線:大濠公園駅下車0分
(博多駅から7分程度・天神駅から3分程度)

・七隈線:六本松駅下車10分弱 ←こちらのほうがおススメです!
*西鉄電車ご利用の方は「薬院駅」下車⇒そのまま地下鉄が連結していますので、こちらのほうがだんぜんおススメルートです!
地下鉄六本松で下車、地上に上がるともう、花火が見えています!

当日は地下鉄六本松駅から、大濠に歩いて向かう人に付いていけば、真っ直ぐ、迷う事無く花火大会会場の裏手あたりに到着します。

ずらりと並んでいる屋台の裏辺りに到着するのですが、花火大会が始まってもレジャーシートを敷いて座れるスペースは十分にあります。

下記の画像は、2017年の花火大会が終わった後、夜21:30頃の六本松。

現、スタバビルの正面あたりの写真なのですが、明治通りの大混雑とは全く無縁で、人通りもまばらでした。

みどころ

周囲360度から花火を鑑賞できる立地のよさが最大の魅力で、4号玉、早打、仕掛花火やナイアガラなど約6000発が楽しめます。

Sponsored Links

鑑賞の穴場スポットは?

・南公園西展望台 ←個人的に1番のおススメ

大濠の花火大会を福岡市が一望できる高台から撮影しました。 福岡ドームの夜景と花火がとても綺麗な写真が撮れました。 良かったです。

花火大会の会場からは少し離れているのですが、市内の景色と一緒に花火が鑑賞できます。

美しい夜景が見られる場所としても人気の場所ですが、こちらも車は厳禁!動きません・・・

南公園西展望台の行きかたは

福岡市営地下鉄「七隈線」の桜坂駅下車、旧山の上ホテルの方向へ歩いて10分弱程度。
この日は、大勢の方が歩きますので、歩く人に続いていけば到着です!
(上り坂続きと蚊の多い場所なので、歩きやすい靴と虫除けスプレーは必須!)

・西公園(参道)

大濠駅からは徒歩20分くらいの距離です。
参道の階段を登って、高台からの観覧となります。
会場からは、少し離れますが、高台なので臨場感は十分!

西公園(参道)の行きかた

・地下鉄の利用だと、同じく下車駅は「大濠公園駅」となります。
が、天神や西新からも歩いていける距離(15分程度)ですので、ぎゅうぎゅうの地下鉄に乗り込むより徒歩をおススメします。
・住所:福岡県福岡市中央区西公園

・福岡城址(舞鶴公園)

福岡市内の夜景をバックにした花火を楽しむことができる穴場スポットです。

・護国神社の芝生広場

会場の大濠公園から国体道路を一本隔てた護国神社です。
天神方近いことと、展望が良いので穴場スポットとしておすすめです。

大濠花火大会の渋滞混雑状況と評判やクチコミ

まとめと感想

ここでは、西日本最大級の大濠の花火大会について、2018年で終わってしまった理由と、過去の振り返りになります。

2018年に打ち上げられた最後の花火大会で、56回めだった大濠の花火大会は、私が生まれるよりも前から開催されていました。

他にも福岡県内では田主丸と柳川の有明海の花火大会が、2019年から中止になっています。

色んなことが変化し、終わって、また何か新しいものが生まれながら時代がどんどん変わっていくのでしょうね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

人気ブログランキングにも参加しています。よろしければ応援よろしくお願いします!


人気ブログランキング

Sponsored Links
ピックアップ関連コンテンツ