【海の駅・高野崎】今別町袰月(ほろづき)地区が人生の楽園に!

Sponsored Links

青森県今別町の袰月(ほろづき)地区にある、海の駅・高野崎が6月25日の人生の楽園の主人公。
海の駅・高野崎は、多忙な日々を送っていた池田よし子さん(62歳)と夫の澄夫さん(72歳)が、「みんなが集まる憩いの場所がない」という話を聞きオープンさせたお店です。
宿泊施設、『海峡の家ほろづき』についても調べてみました!
 
Sponsored Links

今別町袰月(ほろづき)地区で生まれ育ったよし子さんは、看護師になるため16歳の時に上京します。
それから、22歳の時に澄夫さんと結婚し、4人の子どもさんに恵まれました。
家族の楽しみは、よし子さんの故郷・袰月(ほろづき)に訪れること!
東京出身のご主人も、この地の自然や人の温かさに惹かれ、子どもたちの独立を期に、夫婦で袰月(ほろづき)に移住。
当初は、のんびり暮らそうと考えていたお二人でしたが、地域の人たちから「みんなが集まる憩いの場所がない」という話を聞きました。
そんな時、町が所有する空き店舗の事を知り、池田さんご夫妻は、その店舗を借り、2015年4月に「海の駅 高野崎(たかのさき)」をオープン!
お店の人気メニューは、目の前の海でとれたコンブや帆立を使った『ほたて塩ラーメン』。
ほたてラーメン
 

海の駅 高野崎の場所とお店情報?

(*番組内で、詳細な住所と連絡先の電話番号はおしらせされませんでした)
・場所:〒030-1513 青森県今別町大字袰月 付近
・営業期間:4月~10月
・定休日:水曜日
高野崎灯台入口の近くです。
高野崎という場所は、津軽海峡の岬で晴れた日には北海道も見ることが出来るようです。

『海の駅 高野崎』のメニューや評判は?
【メニュー】
・しょうゆラーメン
・ほたて塩ラーメン
・中華丼
・カレーライス
・カルビ丼
等、そのときに取れた、新鮮海の幸でメニューは若干変動しそうです。
料金は、ワンコイン(500円)~
ご主人の澄夫さんの実家が、中華料理屋だそうですが、なぜか、調理は奥さまのよし子さん、配膳をご主人が担当なさっているそうです。
【評判】
食堂、というより、みんなの憩いの場になっているようです。
常連さんが手作りのお菓子を持ってきてくれたり、地元の仲間が集って、世間話などに花を咲かせるお店で、お腹も心も満たされるお店という評判です。
番組で放送された『海峡の家 ほろづき』についてもしらべてみました。
 

海峡の家 ほろづき

『海峡の家ほろづき』は、閉校した中学校の校舎を利用した宿泊施設です。
当時、教室だったところが改装され客室に。
懐かしさが残る建物に、青春時代がよみがえります。
・電話:0174-36-2166
:利用時間:チェックイン  午後3時から
チェックアウト 午前10時まで
・不定休

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/


 
 
 
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント
Sponsored Links

Sponsored Links

コメント