猪子寿之(いのことしゆき)さんのシンガポール常設展がステキすぎ!

Sponsored Links

チームラボ㈱代表猪子寿之(いのことしゆき)さんが、5月6日のアナザースカイの主人公。
猪子寿之
シンガポールのアートサイエンス・ミュージアムに誕生した常設展の様子が放送されるのですが、この常設展がステキすぎるのです!
猪子寿之(いのことしゆき)さん率いるチームラボ㈱は、シンガポールで初めてアート展を成功させ、それがきっかけで、シンガポール政府からオファーを受けて、シンガポール最大のデジタルアートギャラリーの常設展を担当。その常設展が今年2016年3月12日にアートサイエンス・ミュージアムに誕生しました。
その名前は「FUTURE WORLD:WHERE ART MEETS SCIENCE」
アートサイエンス・ミュージアムは、これまでに、サルバドール・ダリやアンディ・ウォーホルまたバン・ゴッホらが展示を行ってきたシンガポールを代表する文化施設。
その施設全体のギャラリースペース 4 分の 1 を占める常設展が、猪子寿之(いのことしゆき)さん率いるチームラボ㈱が独占している「FUTURE WORLD:WHERE ART MEETS SCIENCE」という物凄さ。
ここは、参加型の展示施設で、最新鋭の科学技術で可能になった15のデジタルアート作品を体験できるのですが、手で掴みたくなるような臨場感とステキさ満載!
Sponsored Links

 
ステキすぎる常設展はこちら。⇒「FUTURE WORLD:WHERE ART MEETS SCIENCE」

プロフィールと経歴

・名前:猪子寿之(いのことしゆき)
・生年月日:1977年4月15日
・年齢:39歳
・出身:徳島県徳島市
・出身校:東京大学工学部応用物理・計数工学科卒
・職業:
・チームラボ株式会社代表取締役・デジタルクリエイター
・四国大学特任教授
*チームラボURL:http://www.team-lab.com/
猪子寿之さんは大学卒業と同時に、株式会社チームラボを立ち上げます。
その実力はなんと、日本のスティーブジョブスと呼ばれるほどだそうですよ。
そんな猪子寿之さんは、東京大学工学部応用物理・計数工学科を卒業なさっているのですが、
実は、最初は東京大学の教養学部理科1類に入学されていたそうです。
東京大学は、東大は入学後に学部を変えやすいため、つぶしが効く無難な学部で受験する人も多いそうです。
なので、猪子寿之さんも、大学生の最初から今のような道に進むと決めていたわけではなさそうです。
転機となったのは1年後のアメリカ留学のようです。
帰国後に工学部応用物理・計数工学科に進学されています。
さらに大学院では自然言語処理とアートも勉強されていたようです。

チームラボ株式会社とは?

卒業と共に立ち上げたチームラボ㈱は、日本国内でも様々な展示会を行っています。
その存在自体が、人がアート的だと感じるようなものでないと生き残れない社会になっていくと公言し、さまざまなスペシャリストが集つまって、WEBに留まらず様々な製品、サービスを作り続けている会社です。
また、チームラボを漫画「ONE PIECE」の麦わらの一味に例え、スタッフ全員が生き残るために互いに無い部分を補い合うという意味で「チーム」と冠している、ともおっしゃっています。
チームラボとして、2012年には、欧州最大のバーチャルリアリティ博覧会「Laval Virtual 2012」にて、書家・紫舟とのコラボレーション作品「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が、「建築・芸術・文化賞」賞を受賞。
また同じ2012年、台湾で最も権威のある国立美術館にて、外国の企業では初となる個展を開くなどの実績を残いています。
クリエイティブな分野になると、具体的にどういったことをやっているのかわかりにくです。
それを補うような面白いDVDも発売されていました。

チームラボって、何者? [DVD付]

新品価格
¥3,024から
(2016/5/6 23:14時点)

まとめと感想

チームラボが創り上げるアートな世界もすてきですが、代表の猪子寿之(いのことしゆき)さんも素敵。
一説によるとオンナタラシとの噂もあるようですが、周りの女性が高学歴なイケメンを放っておくわけないですね。

Sponsored Links

 
 
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

コメント