ホセ・フェルナンデス(マーリンズエース)急死?現場の画像や原因は?

話題のニュース

イチローとマーリンズで同僚のエースのホセ・フェルナンデス投手(24)がボート事故で死亡したことが25日わかりました。

ボートは、豪快に岩礁に衝突した後、乗り上げていました(画像あり)。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

フロリダ州湾岸警備隊などの発表によると、事故はこの日午前3時すぎ、同州マイアミビーチで発生。ボートは岩礁に衝突した後、乗り上げて船底が上を向いている状態で発見された。犠牲者は男性3人で、その中の1人が同投手だったという。

球団は声明文を出し、24歳の若さでこの世を去った同投手の死を悼むとともに、この日行われる予定だったブレーブス戦の中止を発表した。出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

ホセ・フィルナンデス選手は、同僚のイチロー外野手を敬愛し、「キューバでは神様」と心酔していたほどです。

そして当然この事故は、チームにとっても大きな悲劇になっています。

ここでは、ホセ・フィルナンデスプロフィールと経歴、また事故現場のマイアミビーチや原因についてまとめています。

Sponsored Links

ホセ・フェルナンデスの事故原因は?

今回の事故は、

ボートは岩礁に衝突した後、乗り上げて船底が上を向いている状態で発見された。

 

引用:http://www.sponichi.co.jp/

相当なスピードで岩礁にぶつかって、そのまま意識を失ったか何かではないかと思われていたのですが、やはり、

当局によると、速度を緩めることなく岩に衝突したとみられる。

とのこと。

確かにこの時期のマイアミビーチは若干波が高くなるそうです。

水温は27度なので、そこまで冷たくはありません。

ホセ・フェルナンデス選手の趣味は釣り。

休日にはよく海釣りに出かけていましたからその途中での事故でした。

引用:ホセ・フェルナンデスインスタグラム

既に、ホセ・フェルナンデスインスタグラムはアカウントが削除されています。

 ホゼフェルナンデス インスタグラム

海外の反応は?

関係者

「小さい男の子のようにいつでも楽しそうにプレーしていた。彼の楽しそうな様子と、野球への情熱が思い出される」マッティングリー監督
「この出来事を乗り越えなければいけないが、いまは心に痛みがあり、難しい」プラド選手
「彼の家族と、もうすぐ産まれる娘のために祈りをささげたい。キューバからの亡命に3回失敗しても諦めず、野球への愛と情熱にあふれていた」「彼がここにいたら、野球がしたくてもできない人たちのためにプレーしろと言うだろう。プレーすることが、彼をたたえることにつながる」サムソン球団社長

一般

「なんという悲劇だ。まだ信じられない」
「残念ですが、ここはこういう事故が毎週発生しているところなのです」
「MBLの大きな損失だ」
「未明?この岩は誰でも見えるぞ」
「アルコールが入っていたのかもしれんな」
「彼らは飲まないと言っている。車で来ていたし。だから違う原因だ」
「家族がいたのに。悲劇だ」
「夜にボートをするなんて冗談じゃない。冷静で有能な頭でしか海は楽しめないよ」
「彼は家族のようでそして英雄だった」

事故のあったマイアミビーチとは?


事故のあったマイアミビーチとは、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ・デイド郡にある都市でビーチリゾートとして有名な観光都市です。
アメリカのみならず、世界レベルの避寒地として有名なマイアミは、世界中のセレブやお金持ちの集まる超高級リゾートというイメージとともに、同時に歴史的背景から「ラテンアメリカ経済の首都」と呼ばれるくらい、ラテンテイストの強い都市でもあります。
人口は87,925人で、人口の半分以上がヒスパニック系です。

引用:https://retrip.jp/items/21980109/

 

マイアミビーチを見てみると、岩礁なんてあるのかな?

とおもえる砂浜しか見たことがなかったんですが、海底にはネプチューン・メモリアル・リーフといって、は世界唯一の海底墓地で世界最大の人工岩礁があります。

もしかしたら海水が引いていてこんなところにぶつかった?とも思わなくはないのですが、まずそれはないでしょう。

引用:http://www.worldtrip-for-diving.com/

ホセ・フェルナンデスのプロフィール

  • 出身:キューバ・ビジャ・クララ州サンタ・クララ
  • 生年月日:1992年7月31日
  • 生まれ:キューバ サンタ・クララ
  • 死没:2016年9月25日, アメリカ合衆国 フロリダ州 マイアミビーチ
  • 身長:188 cm
  • 年俸:280万アメリカ合衆国ドル (2016年)
  • 背番号: 16

ホセ・フェルナンデスの経歴

ホセ・フェルナンデス選手は、キューバのサンタ・クララで生まれ育ち、2005年から3度亡命に失敗。

2008年に母親、妹と共にボートでキューバから4度目の逃亡を試みたが、途中、荒波に母親がさらわれて海に落ち、当時15歳のフェルナンデスは海に飛び込み母親を救出しています。

そして、アメリカ合衆国に亡命。

フロリダのタンパにある高校に入学し、3度のノーヒットノーランを記録。
*2011年のMLBドラフトでマイアミ・マーリンズからドラフト1巡目(全体14位)で指名され入団。

順調にマイナーリーグを駆け上がる。

*2012年にはオールスター・フューチャーズゲームにも出場。

*ベースボール・アメリカ誌の有望株ランキング2013年版では、メジャー全体で5位にランクされた。

*2013年4月7日、ニューヨーク・メッツ戦でメジャーデビューを果たし、5回を1四球、8奪三振、1失点で勝敗はつかなかった。

5月4日、フィラデルフィア・フィリーズ戦で7回を1四球、9奪三振、無失点でプロ初勝利を記録

*2013年7月16日、MLBオールスターゲームにも選ばれ、ナショナル・リーグの5番手として登板。

ダスティン・ペドロイアを見逃し三振、昨年の三冠王ミゲル・カブレラを内野フライ、オールスター時ホームラン数トップのクリス・デービスを空振り三振に切り、1イニングを無失点に抑えた。

*11月11日に、ナショナルリーグのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞

ナショナルリーグのサイ・ヤング賞の投票ではクレイトン・カーショウ、アダム・ウェインライトに次ぐ3位になった。

まとめと感想

ここでは、ホセ・フィルナンデスプロフィールと経歴、また事故現場のマイアミビーチや原因についてまとめています。

今季は29試合に先発し、16勝8敗で防衛率2.86と、リーグを代表する右腕に成長していました。

通算奪三振率は11.3と、あのダルビッシュ投手を唯一上回る、若きエースとして注目されていたばかりです。

いずれにしても、とっても残念なニュースにご冥福をお祈りいたします。

⇒ カーラ・メンドーザがホセ・フェルナンデス選手の婚約者!インスタの妊娠画像が美しい

人気ブログランキングにも参加しています。よろしければ応援よろしくお願いします!


人気ブログランキング

 

Sponsored Links

コメント