まいどおおきに鯖江市のたこ焼き屋さんの口コミ評判やアクセスは?

Sponsored Links

「まいどおおきに」という福島県鯖江市(さばえし)のたこ焼き屋さんとオーナーの齋藤栄一さん(64歳)と奥さま令子さん(62歳)ご夫婦が11月19日の人生の楽園の主人公です。
「まいどおおきに」たこ焼きは、生地作りにこだわりぬいて、外側はカリッ、中はトロトロ。
仕上げのトッピングに、奥さまがお店の裏の畑で収穫したばかりの九条ネギを刻んで出来上がりです!
まいどおおきに

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/


建物は、住宅街のなかのどこにでもある小さなプレハブ風たこ焼き屋さんなのですが、狭い住宅街にある駐車場はいつもいっぱいで長い行列ができてます。
並んでも買えればよいのですが、売り切れている事もしょっちゅうあるほど人気のたこ焼き屋さんです。
ここでは鯖江市のたこ焼きやさん「まいどおおきに」たこ焼きの値段や口コミ・評判またアクセスについてまとめてみました。
Sponsored Links

たこ焼き屋を始めたきっかけは?

鯖江市出身の齋藤栄一さん(64歳)さんは、大学卒業後に大阪で小学校教師をしていました。
そして、友人の紹介で、同じ福井県出身の令子さんと知り合いご結婚、3人のお子様に恵まれます。
熱血先生だった栄一さんは、家庭でも「これやるで~!」と常にマイペースの指揮をとるお父さん。
そんな中、栄一さんの母ユリ子さんが病を患ったこともあり、定年退職後は故郷の福井県鯖江市にUターンし母親の介護をする、と決め、60歳で鯖江市にUターン。
帰るなら何かを始めようと考えて、それが「本場・大阪風のたこ焼き店」でした。
そして退職後は、故郷に帰り、師匠に教わりながらたこ焼きづくりを猛特訓。この師匠がまた素敵なのです!
2012年10月、実家の土地に3坪ほどの小屋を設置し、たこ焼き店「まいど おおきに」をオープンさせました。
奥さまの令子さんに相談もせずに決めた栄一さんでしたが、令子さんはしっかり付いて来てくださっています。
「まいどおおきに」のたこ焼きは「外側がカリッ、中はトロッ」とした大阪風のたこ焼きで、お客さんから大好評なのですが、その技を伝授してくれた「厳しい師匠」はなんと、県外で移動販売車のたこ焼屋さんを営業していた齋藤栄一さんの次男さんでした。
ご家族の、仲の良さがうかがえる素敵なエピソードです!

まいどおおきにの口コミ・評判

まいどおおきに

出典:http://sabae.org/staff/2015/11/post-91.html

・オープンしたと聞き付けて行きましたが、狭い道に住宅街の駐車場はいっぱい
長い行列
次に行った時には完売して店は閉まっていました
更にリベンジ
12〜2月のどこかです
リベンジ成功
ちょうど僕らの後ろの1人で完売
ギリギリ間に合いました
さっそく熱いうちに食べました
美味しい!
何だろう
不味いなら足りないものを言えますが
美味しいたこ焼きの味の表現って難しいですね
・再訪しました!
またまた、お客さんが 待っています(@_@)
前に買ったのは、7個 300円のもの。
今回は、1パック 500円のを、2個注文。
全部、梅しおポンズにしましたよ~!(それは、子供のお気に入りだからです。)
やはり、外側はカリッ!中はとろ~り!
良い感じです(*^^)v
梅しおポンズ、醤油やソースの味とは、またひと味違います。
あっさりしているのでパクパク 食べられますよぉ~(^_-)-☆
・最初に行ったのは、雪が降っている頃でした・・・
「きょうは、行列になっていないぞ!買ってきたら?」だんなさんの一声で、私が走ります(ハッ!ハッ!)
「甘からソース」「しょうゆ」「梅しおポンズ」の、3つの味があるみたい。
甘からソースに、決めました!
7個入って、300円。すご~く、安い(@_@)
お店の人(奥さま)が、「寒いから、車の中で待ってらしてください。」と言われます。
あ~あ、行列ができていないはずです。
みんな、車の中で待っているんです。納得~!
順番に、受け取った「甘からソースの、たこ焼き」は、
すこし小さめにも感じましたが、外はサクッ 中はトロ~リしています。
甘からソースが、食を進めるの(#^.^#)
本場 大阪の、たこ焼きは食べたことがないけど、こんなのかもしれない!?
天かすは、近くのお蕎麦屋「二男坊」のを 使っているそうです。
通る度に、行列~!出典:https://tabelog.com/

まいどおおきに店舗情報

営業時間・定休日

・住所:福井県鯖江市杉本町35-70
・電話:090-6662-5852
・営業時間:10:00~日暮れまで
・定休日:月・木(休日の場合は営業)

たこ焼きの値段

まいどおおきにメニュー看板

  • 7こ入り:300円
  • 12こ入り:500円(ソース・しょうゆ・梅しそポンズ)
  • たこせん:100円

「たこせん」って何だ?と調べてみると、大阪では定番のおやつだそうで、大判のたこせんべいに、たこ焼2こをサンドしたものだとか。
もともとは、近所の小・中学生に気軽に食べてもらうために提供し始めたそうです。
だから100円なのですね!
今では、毎日買いにこられるお年寄りや、近隣の会社でまとめ買いされる方など、子どもたちだけでなく、幅広い年齢層に支持されているそうです。
たこせんべいって、オレンジ色の薄いえびせんべいみたいなもののようですが、そのおせんべい自体もまだ食べたことないです。
それにしても大阪らしいですね!

たこせん

出典:http://sabae.org/staff/2015/11/post-91.html

アクセス

・住所:福井県鯖江市杉本町35-70
■駅からのアクセス
福井鉄道福武線 / 神明駅 徒歩17分、タクシーで3分くらい(1.3km)
■バス停からのアクセス
鯖江市バス 立待線 杉本 徒歩2分(130m)
鯖江市バス 立待線 立待公民館(弓道場) 徒歩4分(320m)
鯖江市バス 立待線 糺町 徒歩6分(430m)
■ICからのアクセス
北陸自動車道 鯖江IC 車で12分(4.5km)
北陸自動車道 武生IC 車で24分(9.4km)
北陸自動車道 福井IC 車で27分(10.9km)

まとめと感想

今の時期、公園などで食べるたこ焼きは最高です。
たこ焼きやカレーライスって、人が食べているのをみると無性に食べたくなりますね。
今、まさにたこ焼きが無性に食べたい気分です(笑)。
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント