カウンセラー神社昌弘(かんじゃまさひろ)さんのカウンセリング予約方法

Sponsored Links

カウンセラーの神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さんが、生きるを伝えるにご出演なさいます。
ここでは、神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さんがカウンセラーになったきっかけや病気のこと、カウンセリングの予約方法についてまとめてみました。
出典:http://ameblo.jp/shrine-hiro/

出典:http://ameblo.jp/shrine-hiro/


神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さんのカウンセリングは、対話を用いたカウンセリングなのですが、一般的な産業カウンセラーのような手法ではなく、スピリチュアルカウンセリングという感じで、目の前の悩みの解決を通して、魂の向上を視野に入れたカウンセリングを提供なさっているようです。
スピリチュアルというと、オーラがみえるとか不思議で怪しい感じを抱く方もいらっしゃるようですが、スピリチュアルって精神性のこと。
WHOの健康の概念にうたわれている、心と身体と精神が健康であって初めて「健康」が成り立つように、ちっとも怪しいものではなく、外国では当たり前に精神性の向上を意識した生活に意識を向けている方もおおいのです。
日本では残念ながら、スピリチュアル=怪しい⇒宗教とおかしなイメージが定着してしまっていて、残念感たっぷりです。
これは政策とか国民性によって刷り込まれてしまった誤った情報なのだろうとおもっています。
それはおいておいて、神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さが、カウンセラーになったきっかけから見ていきましょう。
Sponsored Links

カウンセラーになったきっかけ

20歳でクローン病(消化器官の難病)を発症します。
クローン病(Crohn’s Disease)とは、 大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症や潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称で炎症性腸疾患。
症状は、侵される部位によっても、人によっても代わってくるようですが、特徴的な症状は腹痛と下痢で、半数以上の患者さんでみられるそうです。
さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などの症状も現れるようで治療は、治療は経腸栄養療法という厳しいものになるようです。
4年後には症状がいったん治まり、ホテルで仕事ができるまで回復なさるのですが、頑張り過ぎて再びクローン病が悪化、また治療の日々が始まったそうです。
その期間の治療は、8度の手術と4年間の絶食、約10年の闘病生活です。
何とか病気を治したいと、海外のクローン病患者を取り巻く状況を調べている時に、今までとは全く違う病気との向き合い方を知ることになりました。
それがきっかけで、病気を克服、完治。
その後、自らの可能性に挑戦するため、また苦しんでいる人の役に立ちたいという想いから、2006年にイギリスへ渡り、日本語教師の傍ら、英国スピリチュアルカレッジで、独自のカウンセリングとヒーリングを体得。
帰国なさってからは、立命館大学や厚生労働省での就職支援やキャリア・コンサルティングを行い、それまでのカウンセリング数は35,000件以上にものぼっています。
神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さんのカウンセリングの手法は?
現在は、対話手法を用いて、個人とじっくり向かい合う「個人セッション」を確立し、「ありのままの自分を認めて、許して、愛する」メッセージを届けつつ、カウンセリング以外では、全国各地で勉強会や講演会、セミナーも行っていらっしゃいます。
カウンセリングルームは、和がベースになった、とても気持ちの良い落ち着く空間です。

カウンセリング(個人セッション)の予約方法

予約は、オフィシャルホームページのサイトからのメールでのお申し込みになっています。
 カウンセリング(個人セッション)の予約フォーム
■個人セッション料金:90分・30,000円(税込)(当日、現金払い)
■場所の詳細:京都(受付が確定された方のみ、直接メールにてお知らがとどきます)

神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さんプロフィール

・名前:神社昌弘(かんじゃまさひろ:本名)
・生まれ:1978年 京都生まれ。
・学歴: 近畿大学農学部水産学科
・オフィシャルサイト ⇒ http://profile.ameba.jp/shrine-hiro/
本も沢山出版なさっていて、最新版がこちら

神陀本(2)~ブレない自分軸のつくりかた~ (神陀ブックス)

個人的には、↓ こちらのほうが好きです。

大丈夫!あなたは、あなただから。: まんまがいちばん!

新品価格
¥1,404から
(2016/6/18 21:39時点)

神社昌弘さん(かんじゃまさひろ)さんからのメッセージ

身体の声を聴いたり、
心と身体の調和を図ったり、
居心地の良い状況や状態を作ったりしながら…
・もうこれ以上、自分を傷つけないために…
・もう自分を諦めないために…
・もう自分を誤魔化さないために…
あなたとの「たいわ」を通して、
『ありのままの自分を認めて、許して、愛する』
メッセージを伝えています。
出典:http://ameblo.jp/shrine-hiro/

まとめと感想

私は、個人的に、こういった感じのスピリチュアルカウンセリングを受けるのは大好きです。
日常の様々なシーンにおいて、自分ひとりでは解決できない問題や葛藤は、一人で克服しようと頑張って苦しむよりも、専門家のアドバイスをもらったほうが、解決がはやく、物事の捉え方ががらりと変わる心地よさを何度も経験してきたからかもしれません。
産業カウンセラーさんとはまったく違った切り口でのアドバイスはとっても心地よいものです。
クローン病にしても、よく似た症状を持つ過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)もお薬で治るものではなく、精神的なストレスなどが関与していることが知られています。
心と身体はつながっていて、心を無視してしまうことによって体がメッセージを発してくれる。
ありがたくもあるけれど、身体からのメッセージは最終手段としての悲鳴でもあるのです。
こういったカウンセリングを上手に利用して、心も身体も精神も、健康な毎日を送ることが、私たちの本来の生きる指名だとおもっています。
 
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント