農家民宿おくで(久多)の宿泊料金や予約方法は?口コミやインスタも調査!

夢の途中






「農家民宿おくで」京都の最北端の集落・久多にあり、京都市で第一号の民泊施設です。
その佇まいは、なんと築250年以上の日本家屋なのですが、移り変わる四季の季節の中にしっくりと馴染んでとても美しいのです。
そんな「農家民宿・おくで」とオーナーの奥出さんご夫妻が、2月17日の人生の楽園で放送されます。
地元で取れる季節のお野菜などをふんだんに使ったお料理はすごくおいしそうなのですが、自然の中で生活することの豊かさや大切な本質も、食を通じて考えさせられてしまいます。
ここではそんな「農家民宿・おくで」宿泊料金や口コミとインスタ内の沢山の美しい画像についてもまとめています。

Sponsored Links

農家民宿・おくでの基本情報

  • 住所:520-0464 京都市左京区久多中の町111番地
  • 電話:090-8758-4117
  • 駐車場:有り(5台)

行き方・アクセス

  • JR湖西線の堅田駅もしくは、京都バスの大原バス停までの無料送迎あり。

宿泊コースと料金について

Kazyさん(@kyoto_countryliving)がシェアした投稿


宿泊のコースはお料理によって変わります。
ただ、どのお料理コースを選んでも宿泊料は同一です。

地鶏すき焼きコース(1泊2日)

●夕食
食前酒に甘酒、季節の八寸、地鶏のすき焼き、究極の親子丼、久多名物とち餅ぜんざい
●朝食
ご飯、味噌汁、焼き魚、小鉢、お手製漬物

発酵ご膳コース(1泊2日)

●夕食
食前酒に甘酒、塩糀や醤油糀をベースにしたグリル料理、糀ドレッシングの野菜サラダ、自家栽培の玄米入りご飯、糀スープ、久多名物とち餅ぜんざい
●朝食
ご飯、味噌汁、焼き魚、小鉢、お手製漬物

宿泊費用

  • 2名利用時 13,500円/人 (消費税込14,580円/人)
  • 3名利用時 10,500円/人 (消費税込11,340円/人)
  • 4名利用時 10,500円/人 (消費税込11,340円/人)
  • 5名利用時 10,500円/人 (消費税込11,340円/人)

農家民宿おくでの宿泊予約方法

農家民宿おくでの宿泊予約は、楽天トラベルほか、HISでも宿泊のみ、旅行ツアーと組み合わせての宿泊と、旅行会社経由での申込みが可能です。

●HIS経由で宿泊予約する ⇒ 農家民宿おくで
今の時期の雪景色もとっても綺麗ですが紅葉時期の近隣のウウ系もとっても綺麗です。
インスタ内に季節を感じる画像が沢山UPしてありました!

Kazyさん(@kyoto_countryliving)がシェアした投稿

Kazyさん(@kyoto_countryliving)がシェアした投稿

Kazyさん(@kyoto_countryliving)がシェアした投稿

Kazyさん(@kyoto_countryliving)がシェアした投稿

Kazyさん(@kyoto_countryliving)がシェアした投稿

口コミ・評判

どなたかが投稿した口コミは見つけることができなかったのですが、インスタ内の楽しそうな画像で、評判は察することができますね!


こちらはトリップアドバイザー内になった宿泊客の画像です!
外国住まいの長かったオーナーの奥出さんなので、外国人の旅行客も大勢宿泊されているようですよ。
言葉が通じるって、安心して宿泊できますからね。


Sponsored Links

農家民宿おくでをはじめたきっかけ

奥出さんご夫妻

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/


次回は、京都市の最北端に位置する左京区久多が舞台。この地に移住し、農家民宿を営む奥出一順さん(52歳)と妻の留美さん(52歳)が主人公です。
「農家民宿・おくで」のオーナー奥出一順さんは、京都府のご出身で、中学生時代から付き合っていた奥様の留美さんとそのまま24歳でご結婚。
結婚後は、海外で仕事がしたいとの一順さんの希望でアメリカとイギリスで暮らし、そこで一順さんは鮮魚の運搬や販売の仕事をしていました。
29歳で、お子さん(長男)の誕生を機に帰国。
順一さんは、アメリカやイギリスでの鮮魚の仕事の経験を活かし、京都のスーパーで鮮魚の買い付けの仕事に就きます。
その鮮魚の仕事は、早朝から深夜まで追われるような日々で、家族との時間を犠牲にしてまで働くことに疑問を感じ始めたそうです。
そんなある日。
知り合いに誘われて、夫婦で久多を訪ねました。
初めて訪れた久多の風景にすっかり魅了された奥出さんご夫妻は、久多に畑を借りて休日に農業を開始。
そんな休日を過ごすうちに、「子供たちをこの久多の自然の中で育てたい」と考えるようになったのだそうです。
そして、2001年に築250年以上と言われる古民家を購入。
さらに2年後に家族で久多に移住し、本格的に久多での暮らしをスタートさせました。
自然と寄り添う久多での暮らしを満喫していたご夫婦は、お二人の息子さんが独立し、生活に余裕が出来たとき、「自分たちが大好きになった久多の暮らしを、沢山の人に体験して欲しい」と考えたそうです。
このことがきっかけで、2015年5月に京都市で第一号となる「農家民宿・おくで」を開業しました。

まとめ

ここでは、2月17日の人生の楽園で放送される、京都・久多の「農家民宿おくで」について、インスタ内の沢山の美しい画像とともに、宿泊料金や口コミについてもまとめました。
宿泊は、旅行会社経由で予約が可能です。

インスタ内にUPされている、奥出さんのお料理画像にコメントされている、「いただきます」の言葉が深く心に刻まれます。
自然豊かな場所で暮らすということは、生きていくという基本的なこと。
命ともきちんと向き合っていくことなんだなって、改めて感じる放送でした。
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
 人気ブログランキングへ

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント