宮地佑紀生(みやちゆきお)さんの暴行の原因は病気?それとも認知症?

Sponsored Links

宮地佑紀生(みやちゆきお)さんが、東海ラジオの生番組放送中にタレントの神野三枝(じんのみえ)さに暴行を加えたというニュースについて。
関連記事は⇒神野三枝(じんのみえ)さんが暴行を受けた?プロフィールや怪我の状態は?
宮地佑紀生(みやちゆきお)さんの暴行の原因は、加齢に伴う認知症の初期症状の一つである「易怒性(いどせい)」ではないかと言われています。
出典:yahooニュース

出典:yahooニュース

ラジオ番組の放送中のスタジオで共演者をマイクで殴り、けがを負わせたとして逮捕されたタレントの宮地佑紀生(本名・宮地由紀男)容疑者(67)が司会を務める東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」(月~木曜後1・00)が30日に生放送され、同局が謝罪コメントを発表。同日をもって番組を打ち切ることも発表した。出典:yahooニュース

 

易怒性(いどせい)とは?

易怒性(いどせい)は、挑発されたときに起こる興奮した感情のことで、怒りやすいことを指します。 精神障害や内科的疾患の症状である可能性もあります。 易怒性があると、人は概して容易にフラストレーション(欲求不満)を起します。 このフラストレーションは短気となって表れることがよくあります。
出典:http://ja.healthline.com/health/irritability
 

Sponsored Links

易怒性(いどせい)の原因は?

易怒性(いどせい)の原因は大きく2つに分けられます。

  1. 内科的なもの
  2. 精神的なもの

【内科的な要因には】
・歯痛
・中耳炎
・インフルエンザ
・発熱
・痛み
・閉経
・月経前症候群(PMS)
・甲状腺機能亢進症
など、ホルモンの変化や変動を起す疾患も気分を変化させ、これは下垂体(かすいたい)ら分泌されるホルモンの不均衡が原因で、特に女性の場合は、
・初潮
・閉経
・月経前症候群(PMS)
など、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)といった女性ホルモンに、心も身体も左右されていることはご存知のとおりで、時として感情や体調のコントロールが難しいことは体感済みかもしれませし、
(*女性の場合は、妊娠時や出産後のホルモンバランスも関係してきますね)
男性の場合は、感情バランスの不均衡とは別に、テストステロンという男性ホルモンの変異が前立腺肥大など、生殖器関連の疾患の原因であることも知られていて、身体とともに生きてる私たちにとってはある意味仕方がないことかもしれません。
【外的要因としては】
・薬の副作用
・違法薬物の使用
・アルコール依存症
・ニコチン離脱症状
・カフェイン離脱症状
などがあり、理由もなく定期的に易怒性が現れる人もいるようです。
宮地佑紀生(みやちるきお)さんの場合は何が原因?
宮地佑紀生(みやちるきお)さんに関しては、ここ1年くらい怒りっぽかったり、嫌味っぽい発言もあったそうですが、もともとは、温厚な性格だそうで、非常に仲良くやっていらっしゃるようです。


宮地佑紀生(みやちゆきお)さんのが、このような暴挙を引き起こした原因は、認知症の初期症状の一つである「易怒性」である可能性が大きいようです。
お年も67歳とのことですから、可能性は十分にありますね。

宮地佑紀生(みやちゆきお)さんプロフィール

・生年月日:昭和24年1月9日
・出身地:名古屋市
・趣味:読書・すべての浪費
・スポーツ:腕立伏・ジャンプ・屈伸
・免許:古物商免許(昭和48年10月取得)
【略歴】
・昭和46年3月 愛知学院大学卒業
・昭和47年12月 ㈲参百六拾六日の店設立
【活動状況】
・東海ラジオ 「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」 毎週月~金曜日 13:00~16:00←打ち切りになりました。

まとめと感想

最初にニュースを知ったときには、一緒に仕事をする仲間からの暴力は怖い!と思ったのが正直な感想でしたが、こうやって事実関係が明るみに出てくると、暴行事態は容認できないけれど、自制が利かなくなってしまった感情に悩まされているのかもしれないな、とちょっと同情してしまうのでした。
[blogcard url=”http://officeliberty.main.jp/archives/6163″]
 
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント