ショーンKことショーン・マクアードル川上氏の今現在は?郷ひろみと似ている!?

Sponsored Links

2016年3月に学歴・経歴詐称が発覚してラジオの冠番組で「過ちの責任は私にある」と、号泣謝罪した後に表舞台から姿を消していたショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)。
姿を隠していた9ヶ月間の行動が少しずつ明らかになってきました。
ショーンK氏と郷ひろみ私にとっては同じ顔に言えるのですが、似ていませんか?
ショーンK

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000092-spnannex-ent.view-000


ここでは、ショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)の、姿を消していた9ヶ月間と今現在についてまとめています。
それにしても、ショーンK氏と郷ひろみ、私にとっては同じ顔に言えるのですが、似ていませんか?
Sponsored Links

ショーンK氏と郷ひろみが似ている!?

こちらはおなじみ郷ひろみさん。
既に61歳になっていらっしゃるというのですがお若いです!

郷ひろみ

出典:www.live-one.co.jp

ショーンK氏の今現在と空白の9ヶ月間とは?

ショーンK氏の知人によると、「騒動後、東京を離れて長野の友人宅に一時身を寄せていた」ということがわかりました。
そして近況は、川上氏本人の口から

「本業を頑張りたいので、そっとしておいてほしい」

と言っていることも分かっています。
また、別の知人によると、用事があるときには都内で会そうで、「まだ心の傷は癒えていない様子」だそう。
現在は、以前のようにテレビ出演など、表立った目立つ活動はなさっていないものの、本業の経営コンサルとしての仕事はこなしていらっしゃるようです。

事務所の関係者は「本業は経営コンサルタントなので、復帰して働いているのは事実です」と明かす。出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000092-spnannex-ent

事務所の公式ホームページには、「ショーンKは現在全てのメディア活動を停止しています」というメッセージが残ったまま更新されていない状態ですが、籍はそのままおいてあるので、テレビやラジオなどからの出演オファーは今も届いるんだとか。
ただ、それらに関しては、ショーンK氏が判断して断っているようです。

ショーンK

出典:http://www.djdj.co.jp/


オフィシャルブログ ⇒ http://www.djdj.co.jp/

漫画家やくみつる氏(57)によると

ショーンK氏の実体は、いまだにつかめていないのに、オファーが絶えないのはなぜか?ということに対し、やくみつる氏は、以下のように語っていらっしゃいます。

「みんな、ホラッチョをしゃぶりつくしていない。いじりたくてしょうがないんですよ。“人の噂も七十五日”というが、150日たつとまた噂を蒸し返したくなってくる」と分析。先に復帰したベッキー(32)や乙武洋匡氏(40)を引き合いに「元のポジションには戻れない。復帰するなら相当な覚悟が必要」

確かに、高校時代のあだ名が『ホラッチョ』といって、よく嘘をついていたこととあわせて、笑いのタネにされてしまいました。
ショーンK氏も今回の成宮さんと同じようなパターンで、真相はいかに!?っていう真実やこれからどうなる?どうする?って一番知りたいところで、一方的に終了してしまった後味の悪さは、やはり続きが気になります。
テレビ関係者によると、「情報番組はもう無理。バラエティー番組に出るなら見てみたい」ともいわれているようです。

学歴詐称騒動とは?

3月に、発覚した学歴詐称事件は、週刊文春による報道でした。
この少し前にはベッキーの不倫報道で、週刊文春には、かなりの注目が集まっていた時期です。
2016年の前半だけで、1年間の売上を有に超えたのではないかと思える週刊文春なのですが、そこに掲載されていたことをざっとまとめると以下のとおりです。
発端は公式サイトに表示していた英文プロフィル。
「テンプル大で学位、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。パリ第1大に留学していた」としていたことについて、週刊文春が学歴などの詐称疑惑があると報道しています。
ビジネスパートナーとしてサイトで紹介していた外国人2人の顔写真が別人であることも指摘。
川上氏は、学歴の詐称と顔写真が違うことを認め、

  • 司会に決まっていた4月スタートのフジテレビ「ユアタイム~あなたの時間~」
  • 水曜コメンテーターだったテレビ朝日「報道ステーション」 ほか6番組を降板

メディア活動の無期限停止を発表していました。
この騒動は、多くのテレビ局が翻弄(ほんろう)されて、自局の情報番組に出演する高学歴タレントらに卒業証書などの“証拠”を求めるなど対応に追われ、情報番組担当者は「幹部から“出演者の経歴に気をつけるように”と連絡が来た」ところもあったようです。
関連記事もどうぞ

 リバティ
リバティ
http://officeliberty.main.jp/archives/3195

まとめと感動

見れば見るほど、ショーンK氏と郷ひろみが同じに見えて仕方ありません。
経営コンサルタントとしてのショーンK氏もステキだとは思うのですが、お笑い芸人として、郷ひろみさんのモノマネか何かをやってくれたらうれしいな、と思ったのでした。
人気ブログランキングにも参加しています。 応援いただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
BBX サプリメント

Sponsored Links

Sponsored Links

コメント